鳴門ライオンズクラブ会長挨拶

鳴門ライオンズクラブ会長 岡島 哲也

 この度、鳴門ライオンズクラブ第55代会長を拝命致しました岡島哲也でございます。
 伝統ある鳴門ライオンズクラブの会長、そして55周年という節目の年に就任させていただきまして、その名誉に感激もひとしおである一方、重責に身が引き締まる思いです。
 皆様もご存じの通り、当クラブも他クラブと同様に、会員数減少という大きな悩みを抱えながら奉仕活動を行っております。日頃から、会員の皆様には力いっぱいライオンズの奉仕活動に取り組んでいただいておりますが、会員数が減少しますと、その活動にも限界があります。もちろん会員の皆様へのご負担も大きくならざるを得ません。
 そこで、今年度の目標と致しましては、会員の増強と育成、会員の減少を食い止めるための魅力あるクラブ作りを目指して、活動に取り組みたいと考えております。
 幸い、今期は新会員3名という明るいスタートを切ることが出来ました。これを弾みにして、会員の皆様はもとより関係者の皆様のお力をお借りしながら、鳴門ライオンズクラブの発展を目指し、1年間、微力ですが一生懸命に頑張る決意でございます。
 今後、鳴門ライオンズクラブが、本年度を節目と致しまして、60周年、70周年、100周年と続いていきますように、ご支援とご指導を宜しくお願い致します。

岡島 哲也


スローガン

鳴門ライオンズクラブ 2017~2018


◆国際プログラム

モットー   We Serve (われわれは奉仕する)

◆国際会長 ナレシュ・アガワル

テーマ    We Serve

◆336-A地区スローガン

Service Activity is the key to Lions clubs
(ライオンズクラブのキーは奉仕することである)

◆336-A地区ガバナー 川辺 信郎(8R2Z徳島城山LC)

スローガン  新世紀・明日につなごう奉仕の輪
キーワード  初心

◆鳴門ライオンズクラブ・スローガン

友愛と知性と熱い心で We Serve


努力目標

◆会員の増強と育成 ◆例会出席率の向上